光熱費込で月5万円の社員寮がある生活。アセットインベスターに入社してプライベートな時間が増えました

『炭火焼ホルモン ぐう 本店』に務める花澤 大地(はなざわ だいち)さんは、株式会社アセットインベスター入社後、社員寮で暮らしています。JR大久保駅から徒歩3分、お店にも通いやすいのに家賃は光熱費込で月5万円。利便性の高い立地の社員寮で暮らし始めて、アセットインベスター社に入社後はプライベートの時間も増えたそう。週3で自社以外の焼肉店に通うという、公私共に焼肉好きな花澤さんが、仕事とプライベート、アセットインベスターの労働環境について語ります。

食リクをフォロー

接客も料理も、好きならとことん極めたい性格です

炭火焼ホルモンぐう社員花澤さん
〜株式会社アセットインベスター 『炭火焼ホルモン ぐう 本店』所属 花澤 大地(はなざわ だいち)さん〜
飲食業界の楽しさを知ったのは、高校生の時にアルバイトをしていた居酒屋です。そこで、お客様と直接コミュニケーションが取れる「接客」を極めたいという思いが芽生え、高校を卒業すると迷わず飲食の道へ進みました。

「接客」のレベルを高めたいと思い、高級料亭で働いたこともあります。そこではお茶の淹れ方や所作を始めとする接客の知識やおもてなしのスキルを学びました。

その後、飲食業界で生きていく上で、知識だけでなく、きちんとした技術を身に着けたいと思い、お好み焼きチェーン店を展開している飲食企業に就職しました。一通りのお好み焼きの技術を身につけたら、次にお肉の知識や技術を身に付けたいと考えていました。

アセットインベスターを選んだのは「働きやすさ」です

アセットインベスター採用__2___1_
〜アセットインベスターの働きやすさについて語る花澤さん〜
基本的に、自分が好きな料理を極めたいと思う性格です。自分が美味しいと思うものじゃないとお客様に心からおすすめ出来ないからですね。

だからお好み焼きも自分の好物でしたし、焼肉に関しては週3で焼肉店に通うぐらい大好物です。焼肉の中でも特にホルモンが好きだった僕は、ホルモン焼き屋に絞って次の就職先を検討していました。

いくつかのホルモン焼き屋を検討していましたが、株式会社アセットインベスター(以下:アセットインベスター)を選んだ一番の決め手は「面接時の説明」です。
週休2日で長時間労働なし、福利厚生がしっかりしている事をきちんと説明されて魅力を感じました。

お給料の話も詳細に教えてくれて、「このポジションでいくら」「この役職でいくら」と指標を見せてくれたんです。だから自分の将来設計が立てやすく、目指す場所が明確に見えたことで気持ちが高まりました。

JR大久保駅から徒歩3分、水道光熱費込で月5万円の社員寮はありがたいです

アセットインベスターへの入社と同時に社員寮に入りました。

僕が入居した寮はJR大久保駅から徒歩3分くらい。立地はもちろんなのですが、家賃に水道光熱費が含まれて、月5万円というのは一人暮らしの身には嬉しいです。敷金・礼金も会社が負担してくれるので、地方から出てきてすぐに働きたいという人にも最高の環境だと思います。

大久保の他に池袋、小岩にも寮がありますが、どこも『炭火焼ホルモン ぐう』の店舗へ通いやすい場所にありますから非常に便利です。

労働時間や通勤時間が減り休日が増えたことで、前職と比べてプライベートな時間が増えました。

未経験でも確実にレベルアップできる研修制度があります

アセットインベスター社員花澤さん__1_
〜カウンターのお客様に料理を提供する花澤さん〜
アセットインベスターに入社して8ヶ月目ですが、『炭火焼ホルモン ぐう』のサラダ場というポジションを任されています。サラダ場ではサラダや一品料理などの、肉以外のサイドメニューを提供しています。

実はちゃんと包丁を使えるようになったのは、この会社に入社してからなんです。店長や副店長が丁寧に包丁の持ち方や切り方を指導してくださるので、自分が日々着実に成長していっているのを実感しています。

アセットインベスターには、個人が確実にレベルアップしていけるような研修制度が整っています。早い段階でサラダ場を1人で任せてもらえるようになったのも、分かりやすいマニュアルがあったからです。どの材料を何グラム使うか、どのような盛り付けにするかなど、基本的なことが全て統一されているため、どの店舗でも『炭火焼ホルモン ぐう』のクオリティを生み出すことが出来るんですね。

お客様の特別な瞬間にたずさわれる焼肉業界

昔ながらの文化なのか、日本人の感覚として「焼肉屋に行く日」=「特別な日」であることが多いと思います。誰かのお誕生日だったり、給料日だったり、本命の人とのデートだったりしますが、そんなお客様の特別な瞬間にたずさわれる焼肉業界はとても魅力的であると思っています。

サラダ場はカウンターの目の前にありますからお客様との距離が近いので、感動を共有し合うことができます。お客様の笑みと一緒に溢れた「美味しい」が日々のやりがいです。

楽しい仲間と一緒に、焼肉業界を盛り上げていきましょう!

炭火焼ホルモンぐう転職花澤さん
〜『炭火焼ホルモン ぐう 日本橋』店前での集合写真〜
アセットインベスターの好きなところは「人」です。

店長や副店長はもちろん、社長や営業部長などもちょくちょく店舗に足を運んでくれて、私たちの様子を気にかけてくれます。その眼差しは、厳しく監視するのではなく、成長を見守ってくれている感覚です。そんな暖かさのある人たちが集まっている会社なので、安心して働けています。

お金を稼ぐ手段はいくらでもあると思いますが、働く環境は絶対大事だと思います。アセットインベスターに入社して、刺激しあえる仲間や愛情を持って教えてくれる上司に囲まれ、自分の夢がどんどん広がっているのが分かります。

今後は、サラダ場を卒業して肉場と呼ばれるポジションを目指していきたいです。肉が切れるようになり、肉の知識がさらに深まることで、お客様とのコミュニケーションの幅がさらに広がっていくことを想像すると今からワクワクします!

未経験からでも確実に成長できる会社です。僕たちと一緒に、焼肉業界を盛り上げていきましょう!

少しでも気になったら、
ぜひ一度お店・会社に遊びに来てください

人気の記事

日本が生んだ価値ある文化“ごまそば”を世界に発信したい。『高田屋』の執行役員が辿ってきた軌跡とミッションとは

株式会社 プロスペリティ1(ワン)

フランス、カナダで腕を磨いたfavy若手シェフの挑戦

株式会社favy

「普通じゃない」副料理長が語る、若手が伸びるアパホテルの育成スタイルの本質

アパグループ株式会社