「人が集まる空間を作りたい。」その夢を叶えるために、私はUDS株式会社を選びました

まちづくりをコンセプトに事業企画、建築設計、店舗運営を展開しているUDS株式会社。代々木上原にある『NODE UEHARA』は、「食と住」が一体となったコンパクト複合型施設です。今回は、「人が集まる空間を作りたい」という想いで飲食業界に入った『NODE UEHARA』のマネージャー、子安 亮(こやす りょう)さんにUDS株式会社を選んだ理由を伺いました。

食リクをフォロー

「人が集まる空間を作りたい」、その想いで飲食業界に入りました

UDS株式会社Food_Beverage事業部マネージャー__1_
〜UDS株式会社 Food&Beverage事業部『NODE UEHARA』マネージャー 子安 亮さん〜
飲食業界に入ったきっかけは、飲食店のような「人が集まる空間」を自分でも作ってみたいと思ったからです。それは高校生の時にアルバイトしていた飲食店で、人が集まってくる空間を見ていた時からずっと思っていました。

だから、知り合いにUDS株式会社(以下:UDS)を紹介された時は自然と興味が湧きましたね。

UDSはまちづくりをコンセプトに、事業企画、建築設計、店舗運営を展開している会社です。国内外を含めたホテルや商業施設、オフィスや住宅などの企画・設計、空間デザインから運営までを一貫して手がけています。

この、建物という「空間」でまちを豊かにしていく取り組みに共感し、すぐに入社を決意しました。

「食と住」が一体となったコンパクト複合型施設『NODE UEHARA』

NODEUEHARA
〜『NODE UEHARA(ノード ウエハラ)』のイメージ〜
私がマネージャーを務めております『NODE UEHARA(ノード ウエハラ)』は、小田急線沿線のライフスタイル提案型プロジェクトの第一弾として、代々木上原にオープンしました。

地下1階はレストラン、1階はカフェ&グロサリーショップ、2階から4階までは賃貸住宅の「食と住」が一体となったコンパクト複合型施設です。

駅から徒歩1分と近く、広々とした店内でゆったりとお食事をしていただけるので、代々木上原にお住いの方やお勤めの方が気軽に寄ってくださる空間となっています。

そのためお客様との距離感が近く、若い方から年配の方まで、私たちとの日常会話を楽しみにお越しいただく方も多いです。気張らず、家に帰って来た感覚で利用していただけるのは嬉しいですね。

お客様が食べたいと思う料理かどうかが大事

enu5
〜「本日入荷のお野菜スキレット焼き」〜
『NODE UEHARA』では、小田急沿線にある生産者の食材を積極的に取り入れる「Train To Table(トレイン トゥ テーブル)」という取り組みを行なっています。

小田急沿線の生産者が手がけた食材を『NODE UEHARA』のレストランやカフェのメニューに取り入れることで、“沿線の顔が見える生産者から食卓へ”というコンセプトを実現しています。

藤沢の有機無農薬野菜を扱うマルシェには実際に足を運び、農園のお手伝いをさせていただくこともあります。その中で食材に対する知識を深めたり、生産者との仲を深めたりと、飲食店で働く者にとって大切な経験をさせていただいています。

代々木上原に住んでいる方は無農薬野菜などに感度の高い方が多いので、地域のニーズに合わせた取り組みであることもポイントですね。

私がメニューを開発するにあたり大事にしていることは、何よりもお客様が食べたいと思う料理かどうかです。だから、このお店に来るお客様が求めているものをしっかりキャッチすることは、次に来店していただくきっかけに繋がると思っています。

イベントが住民の交流の場になることが“まちづくり”に繋がる

また『NODE UEHARA』では、地域の方とのコミュニケーションを図るため、定期的にイベントを開催しています。

12月は、花仕事作家と一緒にクリスマスの装飾品である「スワッグ」や「リース」を作るワークショップや、みそソムリエと一緒に“みそ”や“こうじ”を作るワークショップなどを開催します。

これらのイベントが代々木上原に住む皆様の交流の場になれば、飲食店という枠組みを超えた“まちづくり”への取り組みになっていくと確信しています。

ちょっと無理をしても、しっかり考えること

UDS株式会社マネージャー子安さん
〜スタッフとなごやかに話す子安さん〜
『NODE UEHARA』で働くスタッフには、経営者の目線を持つようにと言っています。

ポジションによって「これはやらない」「これはやる」ではなく、全ての業務をみんなが出来るようになるのが理想です。これは、個人の成長という面でも大事にしていますが、トライしてみないとその仕事が自分に合っているのかどうかの判断ができないからです。

大事にしたいのは、「ちょっと無理をしてもしっかり考えること」。自分の実力と比べてちょっとレベルの高いことに挑戦し、ちゃんと考えてゴールまで持っていくことで、早いスピードで力がついてきます。

UDSはキャリアアップの幅が広いので、ホールスタッフで入った人が目指すところは店長やマネージャーだけではありません。企画・設計・運営を手がける会社ですので、希望があれば店舗の立ち上げに携われる可能性もありますし、人事の仕事にキャリアチェンジした人もいます。

キャリアアップ・キャリアチェンジがしやすい環境です

ノードウエハラマネージャー子安さん
〜炭火でお肉を焼く子安さん〜
UDSに入社して一番嬉しかったことは、『NODE UEHARA』のシェフに選んでもらったことです。

入社してすぐに、シェフをやりたいということは話していました。UDSでは半年に一度、社長と直接面談する機会が設けられていて、そこで自分の目標を設定します。そこで決めた目標を着実に達成していくことでしっかり評価してもらえるので、キャリアアップもキャリアチェンジもしやすい環境です。

また半年に一回、スタッフ全員に料理のプレゼンテーションをする機会が設けられています。そこでは各々が考案したメニューを披露し、そこでの成績が人事評価に繋がってきます。個人の技術をしっかり評価してくれるとても良い制度です。

“まちづくり”をコンセプトにしたUDSだから、可能性は無限大です

NODEUEHARA採用
UDSはこれから益々成長していく会社です。

2019年には、新規ホテルが続々とオープン。「手しごと」と「緑」のコンセプトを体現するホテル『HAMACHO HOTEL(ハマチョウホテル)』(日本橋浜町)や無印良品の世界観を楽しめる『MUJI HOTEL GINZA(ムジ ホテル ギンザ)』(銀座)。都心で温泉が楽しめるコンパクト旅館タイプの『ONSEN RYOKAN YUEN SHINJUKU(オンセン リョカン ユエン シンジュク)』(新宿)の開業が決定しています。

その他にも、日本国内では今後さらに多くの地域へ展開を予定しておりに、海外ではすでに中国、韓国に展開しています。

私はUDSで、経営が出来る料理人を目指しています。会社の成長とともに、個人としても成長の幅を広げられるよう、これからも学び続けていきたいと思っています。

それから自分の夢である独立を果たし、ここで学んだことをフルに活かし、自分が理想とする「人が集まる空間」を作り上げていければと思っています。

飲食事業だけでなく、まちづくりにコンセプトをおいているUDSだからこそ、可能性は無限大です。入社してから、自分が本当にやりたいことを探せる環境です。

少しでも興味を持って下さった方は、ぜひ一度お話をしましょう!

少しでも気になったら、
ぜひ一度お店・会社に遊びに来てください