前代未聞!?『串カツ田中』が飲食店の裏側を体験できるインターンシップを開催!

株式会社串カツ田中では、2019年3月卒業見込みの大学生に向けた、インターンシップを開催します。飲食の仕事というと接客や調理をイメージする人が多いと思いますが、今回のインターンシップでは普段は見られない飲食店の裏側を体験できます。経営力や企画力を身に付けたい熱き学生たちに、上場企業である串カツ田中のノウハウを伝授。今回は、串カツ田中の採用担当である 伊藤 正弘(いとう まさひろ)さんに、インターンシップの魅力と採用業務のやりがいについてお伺いしました。

食リクをフォロー

飲食の仕事は、接客と調理だけではありません

串カツ田中人事採用担当
こんにちは。株式会社串カツ田中の人事採用担当を務める 伊藤 正弘(いとう まさひろ)と申します。この度串カツ田中では、学生の方に向けたインターンシップを開催いたします。

飲食の仕事と言うと、接客や調理をご想像される方が多いと思います。しかし、私が担当する採用のお仕事をはじめ、広報やマーケティングのお仕事だったりと、実は飲食の仕事って多岐に渡っているんです。

今回のインターンシップを通して、飲食の仕事が店舗営業だけではないことを知っていただきたいと思っています。

また、上場企業である株式会社串カツ田中だからこそ教えられる、経営ノウハウやマーケティング戦略を学んで帰っていただければ、きっと皆さまの就職活動のお役に立てるに違いありません。

2018年10月〜2月にかけて、3種類のテーマを持った「1dayインターンシップ」を開催します。日程が全て異なりますので、3種類全てに参加いただくこともできます。

28歳の取締役員に学ぶ、経営ノウハウ体験

外観__1_
それでは1つずつ、インターンシップの内容についてご説明させていただきます。

1つ目のテーマは“28歳の取締役に学ぶ経営ノウハウ”です。
串カツ田中の取締役を務める大須賀は、25歳という若さで取締役に抜擢されました。店長やエリアマネージャーを通して一店舗、複数店舗のマネージメントを身につけ、段階を踏んで着実に経営ノウハウをものにしていくことで、早いスピードで重役を任されたという経験があります。

このインターンシップでは大須賀の指導のもと、どの業界、どの会社に入っても役に立つ『経営ノウハウ』『マネージメント』『数字分析』について学んでいただける内容になっています。 店舗経営の基礎を学ぶだけでなく、実際にマネージメントを体験してもらえるような企画も考えておりますので、ご自身で経営の難しさだったり、面白さだったりを体感していただけるかと思います。

笑顔を作る、マーケティング企画体験!

C3Jly-AUoAA6LB_
2つ目のテーマは“笑顔を作る、マーケティング企画体験”です。
このインターンシップでは、実際に串カツ田中がマーケティング戦略として成果を上げた企画を紹介し、マーケティングとは何なのかを学んでいただきます。

串カツ田中では、2018年2月に経済産業省と経団連、業界団体が始めたプレミアムフライデーを先取って、フライングフライデーという企画を打ち出しました。1月末の金曜日に全店舗を15時にオープンさせ、串カツ全品を100円で提供するという取り組みです。これが、当時話題になっていたプレミアムフライデーと組み合わせたことにより大ヒットしまして、多くのお客様に足を運んでいただく結果になりました。

このように、一つの発想から生まれた企画で、串カツ田中をより多くのお客様に利用していただくきっかけを作れるのが企画・マーケティングの魅力です。それを理解した上で、実際にお客様がお店に来たくなるような企画を学生同士で考えてもらいます。少子高齢化や外食離れなど、今後もめまぐるしく変わる時代ニーズに合った企画を立案してくれることを期待しています。

企業目線を知れる、採用企画体験!

串カツ田中採用
3つ目のテーマは“企業目線を知れる採用企画体験”です。
将来人事のポジションに就きたいと思われている方や、採用に興味がある方にご参加いただき、実際に採用の仕事を体験していただきます。

会社にとって採用というのは非常に重要なポジションです。会社は「人」が集まって成り立つものですので、会社が豊かになるか、ならないかは「人」にかかっています。そのためには企業の考え方や大事にしていることを理解した上で、採用を行っていく必要があります。このインターンシップを通して、企業目線でものを考える力を養っていただき、ご自身の就職活動に大いに役立てていただきたいと考えています。

この3つのインターンシップで生まれたアイデアは、画期的なアイデアであれば採用し、実現に持っていこうと考えています。学生時代にそのような体験ができることってとても貴重な体験だと思いますので、少しでも興味のある学生さんはぜひ参加してみてください。

長期インターンシップも考えています

また「1dayインターンシップ」の他に、長期インターンシップも開催する予定です。具体的な内容はまだ決まっていませんが、本社のお仕事を実際に体験していただけるような内容を考えております。

学生さんたちに、「本社ではこんなことをやっているんだ」と新しい発見をする機会が作れたら良いなと思っています。

私が串カツ田中を選んだ理由

PA180430
私自身の話になるのですが、もともとリクルート系の広告代理店に勤めていたことがありまして、『串カツ田中』はそのときのお客さんだったんですね。ちょうどその頃『串カツ田中』の一号店がオープンしまして、私は一号店のオープニングスタッフを採用するお手伝いをしていました。

それから時が経って、代表の貫(ぬき)から直接「採用担当を探しているんだけど」と連絡が来たんです。自分の中で『串カツ田中』のイメージって凄く良かったんですけど、その時一つだけ懸念点がありました。

自分の貫に対するイメージって、当時は“一店舗のオーナー”だったんです。だけど『串カツ田中』は一号店がオープンしてから物凄い勢いで成長をとげました。貫は数年前に一緒に仕事をしていた時とは違って、何十店舗もの社長になっているわけです。会社が拡大していくと、人の考え方や経営方針が変わることもあるじゃないですか。

そんなことを懸念していたのですが、久しぶりに会った貫は全然変わっていなくて。昔も今も現場が大事で、従業員が楽しむこと、自分自身も積極的に楽しむことを実践していたんですね。その姿を見て、なんだか安心したのを覚えています。それが、串カツ田中に入った一番の理由でした。

採用の仕事において、やりがいを感じる瞬間

串カツ田中人事
採用の仕事においてやりがいを感じる瞬間は、自分が内定を出した子に「串カツ田中に入ってやりがいを感じている」とか「すごく充実している」という声をもらえる時です。

飲食業界の離職率は平均30〜40%と言われています。対して、『串カツ田中』は10%台ととても低いんですね。それは、教育制度が整っていることで仕事が覚えられないと頭を抱える新人が減ったことと、社長から新入社員までの風通しが良いことにあると思います。みんなが楽しく働くためにはどうしたら良いのかを考えている人が多いので、それが仕組みや制度に繋がっているのですね。

結果、私自身も胸を張って『串カツ田中』をオススメできますし、入って良かったと思ってもらえることにやりがいを感じています。

どんどんキャリアアップ出来る環境があります

串カツ田中人事採用
冒頭でもお話ししましたが、今回開催するインターンシップを通して「飲食店の仕事は接客や調理だけではない」ということを知っていただきたいです。

2019年4月から、『串カツ田中』では新卒による新卒だけの部署“ルーキー店舗運営部”を立ち上げます。ルーキー店舗運営部の中で一年間の研修カリキュラムを通して店舗の営業をしっかり学んでいただくことができるので、2年目から店長や副店長として活躍することも可能です。

串カツ田中には、その人自身が希望すればどんどんキャリアアップできる環境があるので、店舗ではなく本社で働きたいという方にもオススメです。初めは店舗スタッフとして『串カツ田中』の営業や理念をしっかり学んでいただきますが、その後の進路はその人次第です。

今後、長期インターンシップの企画も進めていき、より『串カツ田中』を知っていただく機会を増やしていく予定です。少しでも興味を持っていただけるのであれば、一度話を聞きにきてくださいね。

【インターンシップ詳細】
■28歳取締役員に学ぶ経営ノウハウ
・場所:東京
・開催日:11/19
■ 笑顔を作るマーケティング企画体験
・場所:東京
・開催日:11/12
■企業目線を知れる採用企画体験
・場所:東京
・開催日:11/2、11/14

少しでも気になったら、
ぜひ一度お店・会社に遊びに来てください

人気の記事

favyの運営する“行列のできる”ごまアイス専門店『GOMAYA KUKI』の店長は仕組み作りのプロフェッショナルだった

株式会社favy

失敗を恐れず上京。favyで挑む次のステージは“飲食店が簡単に潰れない世界を創る”こと

株式会社favy

潰れていく店を漠然と見ていた。バーテンダー歴20年の小野がfavyで抱いた夢とは。インタビューvol.1

株式会社favy