『coffee mafia』の店長が語る、favyの飲食事業部に入って感じた会社の魅力とは

"飲食店がかんたんに潰れない世界を創る"というビジョンを掲げる株式会社favy。直営店の『coffee mafia 飯田橋店』の店長を勤める奥村紘一郎は、アパレル業界から飲食業界にキャリアチェンジした過去を持ちます。そんな彼がfavyの飲食事業部に入社し、実際に感じた会社の魅力について語ってもらいました。

食リクをフォロー

アパレル業界から飲食業界へ。favyの飲食事業部に入って感じた会社の魅力についてお話します。

P6050012__1_
株式会社favyが運営する『coffee mafia 飯田橋店』の店長を勤める、奥村紘一郎(おくむら こういちろう)です。
favyの掲げる"飲食店をかんたんに潰れない世界を創る"というビジョンを実現するため、日々チャレンジを繰り返しています。

今回は、アパレル業界で働いていた僕が飲食業界に入った経緯、favyの飲食事業部で働く中で感じた会社の魅力をお話します。

今思うと安易な考え方ですが、飲食なら独立できるんじゃないかと思っていました。

423657_10151209935507469_1700977454_n__1_
大学卒業後は10年間ぐらいアパレルで働いていて、兼ねてから"いつか独立したい"と思っていました。でも高い服は売れない時代だったので、独立していく仲間を見て現状がキツいことが分かっていたので一歩踏み出せずにいたんですね。

今思えば本当に安易な考え方だったと思いますが、当時は飲食なら独立できるんじゃないかなと思っていました。
それも、事業計画書書く段階で踏みとどまりましたけどね。
飲食業界に関して全くの無知だった私は、このまま独立するのは正じゃないし、ゼロからスタートするのは違うなと思って、それから知り合いのお店を手伝ったりして飲食店の現場を学びました。

そんな時に、学生時代にアルバイトしていた飲食店の上司から電話がかかってきて、「面白い会社があるから一緒に入らない?」って誘われたんですよ。それがfavyだったんですけど。

ちょうどその日の前日に、TVで当時favyが運営していた『C by favy』というお店の特集をやっていたのをたまたま見ていて。「飲食店を変える」「飲食店が簡単に潰れないようにするにはキャッシュポイントを増やす必要がある」といったような内容に非常に関心していたんですね。
これは何かの縁だと思って、すぐに入社を決めました。

"飲食店が簡単に潰れない世界を創る"ためのトライアンドエラーを繰り返しています。

コーヒーマフィア外観
現在は、favyの運営する月額定額制コーヒースタンド『coffee mafia 飯田橋店』で店長を勤めています。

favyは「飲食店が簡単に潰れない世界を創る」というビジョンを掲げているので、現場で働くスタッフも常にその仕組みを創るためのチャレンジをし続けています。

新たな商材や企画を考えたり、食品メーカーさんや、飲料メーカーさんとのコラボだったり、キャッシュポイントをいかに増やせるかが重要ですよね。だから通常のオペレーションだけやっているのでは、仕事をしているうちに入らないんです(笑)。ただ、実際に営業が始まると目の前にいるお客様が一番大切ですし、仕込みが多くて何も出来ないこともあります。だから常に時間との戦いですね。

飯田橋店がオープンして、会員制コーヒー店のモデルを作っていかなければならないというミッションが与えられました。月額料金を支払って会員になるとコーヒーが飲み放題になるという日本初の試み。日本の飲食業界に注目をしていただいている分、責任は重大です。

トライアンドエラーでこれまで色々とやってきましたが、一個結果が出た時、お客様が目の前で喜んでくれた時にすべての努力が報われます。

favyの飲食事業部で働くことのメリットはすごく多いです。

38765848_672476906464937_4884055307988238336_n__1_
favyの飲食事業部で働くことのメリットはすごく多いです。
普通の飲食店では学べない、マーケティングやビジネスについて学ぶ場が無限に広がっているので、独立を考えている方には最高の環境ですね。

アルバイトを含め、飲食事業部みんなが、"飲食店が簡単に潰れないようにするにはどうすればいいか"を常に考えています。日々のルーティーンの中で考えていないと、"頭さぼってる"と言われてしまいますからね。新しい集客方法や新たな視点、アイデアを出し続けなければならないので、思考回路は確実に鍛えられますよ。

favyはやりたいことを比較的実現しやすい環境なので、突き詰めて事業として成り立つものになれば、新店舗を出店させてもらうことも不可能ではありません。

自分のスタイルを、良くも悪くも変えなきゃいけない時が訪れます。

P6050037__1_
favyの飲食事業部に合っている人は、柔軟な人ですね。
入社後に、自分のスタイルを良くも悪くも変えないといけない時が必ず訪れます。
それまで当たり前にやってきたことを捨てて新しいことをやってみようと思えなければ、成功するのか失敗するのかも分からないですからね。

固いことをずっと話していましたが、favyの飲食事業部のメンバーはとにかくみんな明るいので、「自分には無理かも」などと不安に思う必要はありません。個性的な人しかいないのでお互い刺激し合えるし、とにかく楽しいです。

どんな仕事も「誰と働くか」が大事。ぜひ一度遊びにきてください。

コーヒーマフィア店長奥村
favyの飲食事業部では、長く働くことは評価されず、頭を使って効率的に結果を出すことが重要視されます。
休みをしっかり取ることが出来るので、子供と遊ぶ時間が多く嬉しいです。

みんなが自分の時間を作って仕事しようねっていうマインドがあるから、ダラダラ仕事をする人もいないですし、独特のスピード感についていくのは大変だけど楽しい環境です。

どんな仕事も、どんな人と働きたいかが重要です。
人生の中で仕事をしている時間が一番多いですから、そこにストレスがあったら続かないです。勤務地や条件なども見るべきですが、そこにいる人や会社のビジョンをしっかり見て入社すべきだと僕は思います。

favyの飲食事業部に興味を持って下さったら、ぜひ一度遊びに来てください。
そしてfavyの目指すビジョンやそこにいる人を見て、入社するかどうか決めてくださいね。

少しでも気になったら、
ぜひ一度お店・会社に遊びに来てください

人気の記事

favyの運営する“行列のできる”ごまアイス専門店『GOMAYA KUKI』の店長は仕組み作りのプロフェッショナルだった

株式会社favy

失敗を恐れず上京。favyで挑む次のステージは“飲食店が簡単に潰れない世界を創る”こと

株式会社favy

潰れていく店を漠然と見ていた。バーテンダー歴20年の小野がfavyで抱いた夢とは。インタビューvol.1

株式会社favy