入社直後の新卒メンバーにインタビュー!ファイブグループを選んだ理由とこれからの目標とは?

株式会社ファイブグループは「関わる全ての人が楽しくなれる環境を作ること」を理念とし、まず第一に「社員が幸せを感じること」を大切にしている会社です。2018年は「働きがいのある企業ランキング」で13位を獲得し、飲食業界ではトップになりました。今回は2018年度に入社した新卒メンバーに、なぜファイブグループに入ったのかを座談会形式で聞きました。

食リクをフォロー
株式会社ファイブグループでは「関わる全ての人が楽しくなれる環境を作ること」を理念とし、まず第一に「社員が幸せを感じること」を大切にしています。
2018年は「働きがいのある企業ランキング」で13位に上がり、飲食業界ではトップです。
そんなファイブグループに入社した2018年度新卒メンバーに、座談会形式でお話を聞きました。

--ファイブグループに入社した経緯は何ですか?

ファイブクループの新卒メンバー2
左から、武田、石原、堤、櫻井。
石原:私は高校と大学の7年間ずっと飲食業界でアルバイトをしてきました。そこで人と触れ合うのが楽しくて、自分も飲食で働きたいと思っていました。
ファイブグループに出会ったのは、説明会に参加したときです。他の説明会にも参加したけど、一番雰囲気が良いな〜と感じました。
仕事について話をしている先輩方がすごく楽しそうで、その人達の下で働いてみたいと思ったのがファイブグループに入社したきっかけです。
武田:僕は理系の大学に通っていたので、周りの友達はITやメーカー企業で就活をしていました。ですが、自分は業種問わずに「楽しく働きたい」という軸で企業を探していました。
そんな時、ファイブグループの社内イベントに興味を持ち、思い切って参加してみました。それがファイブグループとの出会いですね。
社外の人間なのにとても歓迎してくださり、仕事だけでなく私生活の話まで聞けたのでものすごく楽しかったです。
その後、説明会にも参加しました。懇親会で人事部の仁藤さんとお酒を飲みながら話をしていたら、その場で内定に!笑 
お酒の席ということもあったので、冗談だろ〜と思いながらその日は帰ったのですが、数日後に入社手続きの書類が届いて驚きましたね笑 
堤:私も面接しないで内定を貰いました!私の出身は熊本で、就活するなら東京でしようと思っていたんです。
それでファイブグループの説明会に参加したのですが、人事の方が「せっかく東京きたんだから色々見よう!」と言ってくれて、説明会の次の日に時間を作ってくれたんです。
営業中のファイブグループのお店に行き、一緒にお酒を飲みながら現場を見るのは楽しかったですね笑 そしてその場で私の採用を決めてもらいました。
櫻井:僕は他のみんなとは全然違いますね〜。大学院を卒業してから就活浪人を2年ほどしていました。過去に500以上の会社にエントリーして、有名な広告代理店からも内定を貰っていたんです。
しかし、僕はファイブグループに入社を決めました。
会う人会う人面白くて、働く全員が同じ目標に向かっていたんです。
そんな会社を作っている社長の元で働いてみたい!と思いました。

--実際に入社してみて感じることはありますか?

ファイブクループの新卒メンバー1
武田:内定が決まってからしばらくは、見た目が怖い社員の人が多いなーと思ってました笑 でも実際に話を聞くと、自分たちみたいな新米にすごい優しい言葉をかけてくれるんです。そこでまたファイブグループを選んでよかったと思いましたね。
櫻井:確かに僕も怖いと思ってました笑 でも先輩方は、責任と覚悟を持って自由に働いてるな〜と思いました。しかもそれを認めてくれる会社なんだと感じました。
石原:1年に1回社員もアルバイトも集まる「ファイブフェス」に参加した時に、みんなが好きなことを好きなだけやっているのを見て、やっぱりこういう会社なんだと思いました笑 
仕事以外の場所でも、「誰もが楽しめる環境づくり」という理念を、ちゃんと実現出来ているなーと感じましたね。

--これからの目標を教えてください。

ファイブクループの新卒メンバー集合写真
石原:研修を通して、各業態長の話を聞いてきました。店長のさらに上を目指していこうと思いましたし、まずは同期の中で一番を取ろうと思っています。
私は新卒の中で一番初めに内定を貰った第1号でもあります。その勢いに乗ったまま、新卒の中で一番目立つ存在と言われるようになりたいです。
武田:お客様や会社の人に、驚きを与えられるようになりたいですね。人が驚くときは想像を超えた時だと思うので、みんなの予測・期待を上回れる人間になりたいと思っています。
堤:私は地元に還元したいですね。ファイブグループでたくさん学び、実際に九州に店舗展開をしていけるようになりたいです。
今は福岡に1店舗しかないので、FCや自分のお店を持てるように、色々なことにチャレンジしていこうと思います。
櫻井:とりあえずは社長になりたいです笑 いろいろな人と関わりたいと思っていて、社長と対等に話ができる人は社長だと思うんです。他の社長とフランクに話せる関係を気づけるようになりたいですし、多くの人に影響を与えられる人物になりたいですね。

少しでも気になったら、
ぜひ一度お店・会社に遊びに来てください

人気の記事

大学生で店長になるなんて夢にも思っていませんでした。新卒でfavyに入社した原島が成し遂げたいこととは

株式会社favy

すべては理念から生まれる。成長し続ける『串カツ田中』の創業ストーリー

株式会社串カツ田中

独立したい方必見。株式会社フードリムの代表が語る成功への道しるべ

株式会社フードリム