働きやすい環境が会社の成長につながる。アセットインベスターの「働き方改善」とは?

複数の飲食店を運営する株式会社アセットインベスターでは、数年をかけて「働き方改善」が進められてきました。週休2日制や労働時間の短縮だけでなく、社員を対象としたインセンティブ制度の導入など、働きやすい環境を作る背景や、改革に よって会社はどう変わったのか、同社が運営する店鋪『炭火焼きホルモン ぐう 渋谷』の金(きむ)店長に伺いました。

食リクをフォロー

「働き方改善」によって『炭火焼ホルモン ぐう』の環境はガラリと変わりました

炭火焼ホルモンぐう渋谷の店長
〜株式会社アセットインベスター 『炭火焼ホルモン ぐう 渋谷』店長 金 永太さん〜
私が、『炭火焼ホルモン ぐう』を展開する株式会社アセットインベスター(以下:アセットインベスター)に入社したのは6年前になります。

当時は日曜日と祝日の定休日以外は休みがなかったので、月休4日の月もありました。個人的にはそれでも多いなって思っていたんです。その当時は他の焼肉店だったら、月に4日も休みが取れなかったですから。

だから、アセットインベスターの「働き方改善」には驚きました。2、3年前からこの取り組みが始まって、現在に到るまでで働く環境はガラリと変わったんです。

“月休4日”から“週休2日”へ。休むところは休むことが効率化に繋がります

アセットインベスター店長の金さん
まず、“月休4日”が“週休2日”に改善されたことは大きかったですね。これは、飲食業界の中でも大きな課題とされている、厳しい労働環境が改善されたのではないでしょうか。

「休むところは休むことで効率化に繋がる」という考えのもと、会社全体で取り組んだ、休日を増やそうという取り組みです。身体だけでなく頭もしっかり休ませることで、個々のパフォーマンスは格段に上がります。それは、まとまった休みがあることで怠けることがなく、メリハリをもって働くことが出来るからですね。

休みを増やし、労働時間を減らしたことによって離職率が下がりました

また、それに伴って労働時間も短縮されました。もともと『炭火焼ホルモン ぐう』は深夜1時閉店だったのですが、昨年から全店舗が12時閉店になり、より働きやすくなりました。

『炭火焼ホルモン ぐう』はランチの営業をやっていないため、基本は15時に出勤しています。無理な長時間労働を強いられないことは、スタッフの心の余裕にも繋がってきますよね。

これらの取り組みによって、離職率が目に見えて下がったことが大きな変化であると思います。やめる人が少なくなったことが、「働き方改善」の成功にも大きく結びついたのであると言えます。厳しい労働環境によって人が離れていく会社を作ってしまえば人手不足に陥るという、昔の体制は悪循環を生んでいますからね。

日々の営業に真摯に取り組んだ結果が、形になって返ってくるのはやりがいです

また、「働き方改善」は労働時間の改善だけでなく、給与の面でも行われました。

アセットインベスターでは基本給以外に、月次のインセンティブ制度を設けています。店舗の利益の他、覆面調査システムを取り入れていて、それらの結果がよければ給与として上乗せされるという仕組みです。日々の営業に真摯に取り組んだ結果がちゃんと形になって返ってくることは、スタッフのやる気に直結しています。

「何を目標に働けば良いか」が分かることは、モチベーションに繋がります

さらに「スキルアッププログラム」という、昇給の査定制度も新たに始まりました。何が出来ていればどのレベルなのかを項目ごとにリスト化することで、「これは出来ている」「これは出来ていない」のチェックが付けやすく、目標の設定がしやすくなりました。

この取り組みを始めた結果、「何を目標に働けば良いのだろう」「何をすれば対価として返ってくるのだろう」と不明確になっていた部分が見えるようになり、スタッフのモチベーション向上に繋がりました。

「スキルアッププログラム」は、「しっかり挨拶が出来ているか」「制服をちゃんと着ているか」「名札を付けているか」などの基本的な項目から始まります。基本的なことでもきちんと出来ているか出来ていないかで、お客様へ与える印象は大きく変わってきますからね。

「働き方改善」は店舗や会社の成長にも繋がる、素晴らしい取り組みです

炭火焼ホルモンぐう店長の金さん
「働き方改善」は、スタッフのモチベーションやパフォーマンスを上げ、その結果として店舗や会社の成長に繋がる素晴らしい取り組みだと思います。

個人としても、プライベートな時間が増えたことで家族との時間が増え、他の焼肉店へリサーチに行く機会も増えたので、仕事のクオリティも上がっている事を実感できています。

さらに、「働き方改善」は会社の業績が伸びました。働きやすく、より良い会社になっていくことがスタッフの満足度をあげ、店舗の売り上げに直結し、会社の成長を促したのです。この好循環が作り出せたことは価値だと思います。

『炭火焼ホルモン ぐう』は人に恵まれた環境です

tmb_shibuya_tennai02
〜『炭火焼ホルモン ぐう 渋谷』内観〜
『炭火焼ホルモン ぐう 渋谷』で働くスタッフは、20代前半から最年長で38歳、学生からフリーターまで年齢も学歴もさまざまです。中でも渋谷の店舗は20代が多いので、元気で明るい子たちばかりです。皆んなプライベートでは仲良しで、仕事とのメリハリがしっかりしています。

「ありがとうございます」も「いらっしゃいませ」もライブ会場ぐらいの勢いで声を出し、店舗全体でその日の営業を盛り上げています。スタッフ全員が「お客様を喜ばせたい」という想いを持って営業をしていて、人に恵まれた環境であることを日々痛感しています。

私たちと一緒に『炭火焼ホルモン ぐう』を盛り上げていきましょう!

炭火焼ホルモンぐうの店長
私はアセットインベスターに入社して、『炭火焼ホルモン ぐう 渋谷』の店長であることを誇りに思っています。それは、アセットインベスターが働きやすい環境を作り続ける努力をしてくれているからこそ。この魅力をもっと多くの人に伝えていきたいです。

もしこの記事を読んで下さっているあなたが、飲食業界に就職、転職をお考えの方でしたら、一度お話ししましょう。あなたの中に眠っている活気を呼び覚まし、私たちと一緒に店舗を盛り上げていきましょう!お待ちしております。

少しでも気になったら、
ぜひ一度お店・会社に遊びに来てください

人気の記事

日本が生んだ価値ある文化“ごまそば”を世界に発信したい。『高田屋』の執行役員が辿ってきた軌跡とミッションとは

株式会社 プロスペリティ1(ワン)

フランス、カナダで腕を磨いたfavy若手シェフの挑戦

株式会社favy

「普通じゃない」副料理長が語る、若手が伸びるアパホテルの育成スタイルの本質

アパグループ株式会社