株式会社ファイブグループ
居酒屋行くなら俺ん家来い/来る、とりとん、ペコリ、スパゲッティのパンチョ、ローストビーフ大野、など多様な飲食業を運営しております。 会社理念は『関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること。』 私達の考える飲食業の本質は「食べる」「飲む」ことを通じてその時間を「楽しむこと」にあると考えています。 遠い昔から、人は食を囲み、語らい合うことを通じて、繋がっていったのではないでしょうか。私たちは、飲食を通じたコミュニケーションが本来持っている「楽しさ」を中心に考え、変革を起こしていきます。
株式会社ファイブグループの記事一覧(5件)

「社員を第一に考えることで、売上が上がる」飲食業界では考えられないセオリーを実現したファイブグループとは?

株式会社ファイブグループは「関わる全ての人が楽しくなれる環境を作ること」を理念とし、まず第一に「社員が幸せを感じること」を大切にしています。2018年も「働きがいのある企業ランキング」で13位をいただき、飲食業界ではトップ。毎年増収増益も実現しています。なぜそのような実績を出せるのか、代表取締役社長の坂本に聞きました。

「飲食業界のイメージを変えます」人事部長が語るファイブグループのミッション

「関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること」という企業理念の実現を推し進める人事部長は、自分自身でも「飲食業界のイメージを変えたい」という大きな目標を持っています。今回は、その熱い想いをじっくり語っていただきました。

入社直後の新卒メンバーにインタビュー!ファイブグループを選んだ理由とこれからの目標とは?

株式会社ファイブグループは「関わる全ての人が楽しくなれる環境を作ること」を理念とし、まず第一に「社員が幸せを感じること」を大切にしている会社です。2018年は「働きがいのある企業ランキング」で13位を獲得し、飲食業界ではトップになりました。今回は2018年度に入社した新卒メンバーに、なぜファイブグループに入ったのかを座談会形式で聞きました。

最速キャリアアップのブランドディレクターが語る「育成」と「大衆酒場」とは?

新卒入社から最速のキャリアアップで『酒呑んで飯食って蛙之介』の業態長(ブランドディレクター)に就任。彼が入社した経緯やこれからの目標、そしてファイブグループへの熱い想いを語っていただきました。

美容師から急成長中の飲食企業「ファイブグループ」へ!店長の決断と今後の目標とは?

美容師を辞め、アルバイトでファイブグループに入った『酒呑んで飯食って蛙之介』1号店の店長は、なぜファイブグループに入社したのか?彼が目指すものやこれからの目標を語っていただきました。