ビジョン・ミッション
企業がどんなビジョンやミッションを持っているのかを知ることも、転職後のミスマッチを防ぐために大切です。企業の目指すものと自分の目指すものが一致していることは、働くモチベーションや生きがいに繋がります。 こちらでは、ビジョン・ミッションについてお話いただいた記事をご紹介します。
ビジョン・ミッションの記事一覧(10件)

五感をフル活用してスキルアップを果たす、『サルヴァトーレ クオモ』ならではの働き方

イタリアン・レストラン『SALVATORE CUOMO』は、全国に100店舗以上を展開する株式会社ワイズテーブルコーポレーションにおける中心的な事業のひとつ。地域と密接な関係を築き、幅広い年齢層の人々に愛されてきた“サルヴァトーレ”では、どんな人材が求められているのか。都内4店舗のエリア統括シェフである稲垣さんと同マネージャーの上林さんに、この職場ならではの魅力を語ってもらいました。

従業員の夢を実現する会社でありたい。『北前そば高田屋』のビジョンと取締役COOのミッション

「従業員の夢を実現する会社でありたい」と語るのは、株式会社プロスペリティ1の取締役COOを務める、守部 英喜(もりべ ひでき)さん。『北前そば高田屋』の第二創業のため、ゼロベースからの基盤作りに参戦し、日本一の蕎麦屋にするべく奮闘しています。今回は、そんな守部さんに、会社のビジョンと取締役としてのミッションを伺いました。

永きに渡り『XEX』ブランドが世界中のVIPに愛され続ける理由、変わらない想いとは。

永きに渡り、都会で生活する人々に上質な時間と食事を提供してきた『XEX(ゼックス)』というレストラン。株式会社ワイズテーブルコーポレーションで専務取締役執行役員を務める稲塚 晃裕(いなづか あきひろ)さんは、『XEX』は会社の“象徴”であると語ります。今もなお成長を遂げる『XEX』が一番大事にしているのは“人”。『XEX』が多くの人に愛され続けてきた背景にあったのは、これからも守り続けなければならない想いでした。

【飲食業界では3年で70%が閉店する】食マーケティングの専門企業『favy』が直営店を持つ理由

『favy』は食マーケティングの専門としたITベンチャー企業です。しかし、直営店を6店舗も持っているため、これまでずっと飲食関係の企業に就職していたというメンバーも多数働いています。ITベンチャーにも関わらず直営店を運営する理由はどこにあるのか、大学時代から飲食に携わってきた下田が語ります。

大学生で店長になるなんて夢にも思っていませんでした。新卒でfavyに入社した原島が成し遂げたいこととは

今年度新卒で、株式会社favyの飲食店事業部に入社した 原島康太。今回は、カフェでのアルバイトでコーヒーに出会った彼が、大学生のうちに飲食店の店長を任され、新卒でfavyに入社するまでの経緯について探ってみた。そこには彼の価値観を大きく変えた料理長との出会いがあった。

潰れていく店を漠然と見ていた。バーテンダー歴20年の小野がfavyで抱いた夢とは。インタビューvol.1

株式会社favyの飲食事業部に勤める小野 哲嗣(オノ テツジ)さんは、バーテンダー歴20年のスペシャリストです。映画やドラマに出てくるバーテンダーの姿に憧れ、オーセンティック、カジュアル、ワインと業態を変えながらその道を突き進んできました。そんな彼がfavyに入社を決意した理由を、彼のバーテンダーとしての人生をふまえて語っていただきました。

世界最高峰のピッツァの祭典で日本人初の最優秀賞受賞。『サルヴァトーレ クオモ』のピッツァイオーロが語る"使命"とは

『SALVATORE CUOMO(サルヴァトーレ クオモ)』でプリモピッツァイオーロを務める大西誠さん。世界最高峰のピッツァの祭典でかつて日本人初の最優秀賞受賞を果たすなど、ナポリピッツァ業界の中では知る人ぞ知る、真のピッツァイオーロです。今回は彼が飲食業界に飛び込み、ピッツァと出会い、抱いた"使命"について伺いました。

すべては理念から生まれる。成長し続ける『串カツ田中』の創業ストーリー〈社長インタビューvol.1〉

関東に串カツ文化を広げるきっかけを作った『串カツ田中』。その創業は、決して簡単なものではありませんでした。しかし、それを10年間成長し続ける企業へと変えることができた秘密は、その“理念”にあります。今回は、代表取締役社長 貫(ぬき)のインタビューをご紹介します。

「飲食業界のイメージを変えます」人事部長が語るファイブグループのミッション

「関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること」という企業理念の実現を推し進める人事部長は、自分自身でも「飲食業界のイメージを変えたい」という大きな目標を持っています。今回は、その熱い想いをじっくり語っていただきました。

「社員を第一に考えることで、売上が上がる」飲食業界では考えられないセオリーを実現したファイブグループとは?

株式会社ファイブグループは「関わる全ての人が楽しくなれる環境を作ること」を理念とし、まず第一に「社員が幸せを感じること」を大切にしています。2018年も「働きがいのある企業ランキング」で13位をいただき、飲食業界ではトップ。毎年増収増益も実現しています。なぜそのような実績を出せるのか、代表取締役社長の坂本に聞きました。

Hot Topics on ビジョン・ミッション

1

従業員の夢を実現する会社でありたい。『北前そば高田屋』のビジョンと取締役COOのミッション

株式会社 プロスペリティ1(ワン)
2

【飲食業界では3年で70%が閉店する】食マーケティングの専門企業『favy』が直営店を持つ理由

株式会社favy
3

「社員を第一に考えることで、売上が上がる」飲食業界では考えられないセオリーを実現したファイブグループとは?

株式会社ファイブグループ
4

五感をフル活用してスキルアップを果たす、『サルヴァトーレ クオモ』ならではの働き方

株式会社ワイズテーブルコーポレーション
5

大学生で店長になるなんて夢にも思っていませんでした。新卒でfavyに入社した原島が成し遂げたいこととは

株式会社favy