調理師・料理人
調理師・料理人は、飲食店にとって非常に大切な存在です。料理の腕が評価されるようになれば、独立して自分のお店を持てるようになります。調理師・料理人として転職をする際は、「独立を目指して、調理のスキルアップをしたい」「プライベートと仕事を両立させたい」など自分の希望する働き方ができるように業態・会社選びをしましょう。こちらでは、調理師・料理人の仕事・求人に関する記事をご紹介します。
調理師・料理人の記事一覧(28件)

料理とは、自分の気持ちを相手に伝える表現方法です。『CENTO ANNI』の総料理長が語る熱い想いとは

「自分にとって料理とは、“ありがとう”や“お疲れ様”などの気持ちを相手に伝える表現方法である」と語るのは、株式会社ハルズプランニングの取締役であり総料理長であり、マネジングディレクターである小幡 大介(おばた だいすけ)さん。今回は、そんな彼に、料理人を志したきっかけや、ホテルから街場のレストランへ異動した理由、料理に対する想いを伺いました。

「普通じゃない」副料理長が語る、若手が伸びるアパホテルの育成スタイルの本質

2,007室という、国内最大級の客室数を誇るアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉で、最上階レストラン、ダイニング&バー スカイクルーズマクハリの副料理長を務める川村尚さんは、ビストロ風立ち飲みからミシュランの星付きレストランまで「フレンチと名のつく業態はすべて経験してきた」と語るベテランフレンチシェフです。そんな川村さんをして「普通じゃない」と表現する程、アパホテルでは若手社員の成長が早いのだとか。経験豊富なシェフだからわかる、アパホテルでのやりがいや若手社員への想いについてお話を伺いました。

「世界をワクワクさせる!」世界一夢が実現する会社を目指す、サブライムの採用担当が抱く熱いパッションとは

世界一夢が実現する会社を目指す、株式会社subLime(サブライム)のグループ統括 採用担当を務める島倉 佳久(しまくら よしひさ)さん。経営者である父親の姿に憧れ、「いつか自分も経営者になりたい」という夢を持ちサブライムに入社。現在は採用担当として、代表の花光雅丸(はなみつ まさまろ)氏の「世界をワクワクさせる!」というミッションを体現するべく、人と人をつなぐお仕事をしています。今回はそんな彼の、サブライムに対する熱いパッションを伺いました。

五感をフル活用してスキルアップを果たす、『サルヴァトーレ クオモ』ならではの働き方

イタリアン・レストラン『SALVATORE CUOMO』は、全国に100店舗以上を展開する株式会社ワイズテーブルコーポレーションにおける中心的な事業のひとつ。地域と密接な関係を築き、幅広い年齢層の人々に愛されてきた“サルヴァトーレ”では、どんな人材が求められているのか。都内4店舗のエリア統括シェフである稲垣さんと同マネージャーの上林さんに、この職場ならではの魅力を語ってもらいました。

楽しく仕事をすることは人生を楽しく生きること!『炭火焼ホルモン ぐう』で一緒に成長しませんか?

株式会社アセットインベスターが運営する『炭火焼ホルモン ぐう 日本橋』に所属する李 恵理(リ ヘリ)さん。夫婦で焼肉店を開業したいという夢を持つ彼女は『ぐう』のホルモンに衝撃を受け、アセットインベスターへ入社しました。現在はホール業務とキッチン業務を兼任し、自分の夢へと向かって日々奮闘しています。今回はそんな彼女にアセットインベスターで働く楽しさを伺いました。

従業員の夢を実現する会社でありたい。『北前そば高田屋』のビジョンと取締役COOのミッション

「従業員の夢を実現する会社でありたい」と語るのは、株式会社プロスペリティ1の取締役COOを務める、守部 英喜(もりべ ひでき)さん。『北前そば高田屋』の第二創業のため、ゼロベースからの基盤作りに参戦し、日本一の蕎麦屋にするべく奮闘しています。今回は、そんな守部さんに、会社のビジョンと取締役としてのミッションを伺いました。

フランス、カナダで腕を磨いたfavy若手シェフの挑戦

株式会社favyが運営する『29ON』で腕を振るう富塚喬(とみつか たかし)さん。海外への憧れと料理が好きであることの掛け合わせで料理人の道へ進み、調理師学校時代にフランス、日本で働いた後に、カナダにも渡り、世界を股にかけて料理人としてキャリアを築いてきました。これまでのキャリアとfavyへの入社の経緯、挑戦について、お話を伺いしました。

日本が生んだ価値ある文化“ごまそば”を世界に発信したい。『高田屋』の執行役員が辿ってきた軌跡とミッションとは

『高田屋』を支える従業員とその家族が、この会社に入って良かったと思える環境を作りたい”と語るのは、株式会社プロスペリティ1の執行役員を務める唐沢 基伸(からさわ もとのぶ)さん。彼が飲食業界へ足を踏み入れ、現在『高田屋』の「ごまそば」と和食を世界に発信するというミッションを掲げて奮闘しているのは、彼の飲食に対する情熱があったからこそ。今回は、彼がプロスペリティ1に入るまでの軌跡と、執行役員としてのミッションを伺いました。

働きやすい環境が会社の成長につながる。アセットインベスターの「働き方改善」とは?

複数の飲食店を運営する株式会社アセットインベスターでは、数年をかけて「働き方改善」が進められてきました。週休2日制や労働時間の短縮だけでなく、社員を対象としたインセンティブ制度の導入など、働きやすい環境を作る背景や、改革に よって会社はどう変わったのか、同社が運営する店鋪『炭火焼きホルモン ぐう 渋谷』の金(きむ)店長に伺いました。

永きに渡り『XEX』ブランドが世界中のVIPに愛され続ける理由、変わらない想いとは。

永きに渡り、都会で生活する人々に上質な時間と食事を提供してきた『XEX(ゼックス)』というレストラン。株式会社ワイズテーブルコーポレーションで専務取締役執行役員を務める稲塚 晃裕(いなづか あきひろ)さんは、『XEX』は会社の“象徴”であると語ります。今もなお成長を遂げる『XEX』が一番大事にしているのは“人”。『XEX』が多くの人に愛され続けてきた背景にあったのは、これからも守り続けなければならない想いでした。

Hot Topics on 調理師・料理人

1

「普通じゃない」副料理長が語る、若手が伸びるアパホテルの育成スタイルの本質

アパグループ株式会社
2

従業員の夢を実現する会社でありたい。『北前そば高田屋』のビジョンと取締役COOのミッション

株式会社 プロスペリティ1(ワン)
3

【炭火焼ホルモン ぐう】脱サラして“肉のプロフェッショナル”になった男の熱い想いとは

株式会社アセットインベスター
4

飲食業界に就職するなら『清香園』が良い理由。知られざる焼肉店で働くメリットとは

株式会社プラスマインドオフィス
5

フランス、カナダで腕を磨いたfavy若手シェフの挑戦

株式会社favy