調理師・料理人
調理師・料理人は、飲食店にとって非常に大切な存在です。料理の腕が評価されるようになれば、独立して自分のお店を持てるようになります。調理師・料理人として転職をする際は、「独立を目指して、調理のスキルアップをしたい」「プライベートと仕事を両立させたい」など自分の希望する働き方ができるように業態・会社選びをしましょう。こちらでは、調理師・料理人の仕事・求人に関する記事をご紹介します。
調理師・料理人の記事一覧(21件)

「普通じゃない」副料理長が語る、若手が伸びるアパホテルの育成スタイルの本質

2,007室という、国内最大級の客室数を誇るアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉で、最上階レストラン、ダイニング&バー スカイクルーズマクハリの副料理長を務める川村尚さんは、ビストロ風立ち飲みからミシュランの星付きレストランまで「フレンチと名のつく業態はすべて経験してきた」と語るベテランフレンチシェフです。そんな川村さんをして「普通じゃない」と表現する程、アパホテルでは若手社員の成長が早いのだとか。経験豊富なシェフだからわかる、アパホテルでのやりがいや若手社員への想いについてお話を伺いました。

永きに渡り『XEX』ブランドが世界中のVIPに愛され続ける理由、変わらない想いとは。

永きに渡り、都会で生活する人々に上質な時間と食事を提供してきた『XEX(ゼックス)』というレストラン。株式会社ワイズテーブルコーポレーションで専務取締役執行役員を務める稲塚 晃裕(いなづか あきひろ)さんは、『XEX』は会社の“象徴”であると語ります。今もなお成長を遂げる『XEX』が一番大事にしているのは“人”。『XEX』が多くの人に愛され続けてきた背景にあったのは、これからも守り続けなければならない想いでした。

「世界をワクワクさせる!」世界一夢が実現する会社を目指す、サブライムの採用担当が抱く熱いパッションとは

世界一夢が実現する会社を目指す、株式会社subLime(サブライム)のグループ統括 採用担当を務める島倉 佳久(しまくら よしひさ)さん。経営者である父親の姿に憧れ、「いつか自分も経営者になりたい」という夢を持ちサブライムに入社。現在は採用担当として、代表の花光雅丸(はなみつ まさまろ)氏の「世界をワクワクさせる!」というミッションを体現するべく、人と人をつなぐお仕事をしています。今回はそんな彼の、サブライムに対する熱いパッションを伺いました。

「人が集まる空間を作りたい。」その夢を叶えるために、私はUDS株式会社を選びました

まちづくりをコンセプトに事業企画、建築設計、店舗運営を展開しているUDS株式会社。代々木上原にある『NODE UEHARA』は、「食と住」が一体となったコンパクト複合型施設です。今回は、「人が集まる空間を作りたい」という想いで飲食業界に入った『NODE UEHARA』のマネージャー、子安 亮(こやす りょう)さんにUDS株式会社を選んだ理由を伺いました。

失敗を恐れず挑戦できる環境がある。焼肉屋を経営する夢を叶えるためにfavyを選んだ理由

株式会社favyの飲食事業部で料理人を務める、荻原幸宏(おぎはら さちひろ)さんの夢は、焼肉屋を経営すること。「まずやってみる」を価値とするfavyには、失敗を恐れず挑戦できる環境があります。今回は、将来、独立志望のある全ての料理人に向けて、favyをオススメする理由を伺いました。

光熱費込で月5万円の社員寮がある生活。アセットインベスターに入社してプライベートな時間が増えました

『炭火焼ホルモン ぐう 本店』に務める花澤 大地(はなざわ だいち)さんは、株式会社アセットインベスター入社後、社員寮で暮らしています。JR大久保駅から徒歩3分、お店にも通いやすいのに家賃は光熱費込で月5万円。利便性の高い立地の社員寮で暮らし始めて、アセットインベスター社に入社後はプライベートの時間も増えたそう。週3で自社以外の焼肉店に通うという、公私共に焼肉好きな花澤さんが、仕事とプライベート、アセットインベスターの労働環境について語ります。

普通のサラリーマンから超人気店の料理長へ。独立する前に『29ON』に入った理由とは

独立することを前提に『29ON』で働きはじめた、29ON表参道の元料理長・菊池。なぜ菊池は、独立する前に『29ON』を選んだのか。

飲食業界の大御所が、なぜITベンチャー企業に挑戦したのか?

『favy』には新卒からベテランまで多様な社員がいます。中でも、総料理長を務める戸田は、飲食業界で30年以上働いてきた大ベテラン。今回は、そんな飲食業界一筋の人間が、なぜ敢えてITベンチャー企業である『favy』を選んだのかを語ります。

『coffee mafia』の店長が語る、favyの飲食事業部に入って感じた会社の魅力とは

"飲食店がかんたんに潰れない世界を創る"というビジョンを掲げる株式会社favy。直営店の『coffee mafia 飯田橋店』の店長を勤める奥村紘一郎は、アパレル業界から飲食業界にキャリアチェンジした過去を持ちます。そんな彼がfavyの飲食事業部に入社し、実際に感じた会社の魅力について語ってもらいました。

失敗を恐れず上京。favyで挑む次のステージは“飲食店が簡単に潰れない世界を創る”こと

物心がついた頃から料理が好きだっと語る、伊藤唯さん(24)。株式会社favyの飲食事業部で『coffee mafia』の看板娘を務める彼女は、約1年前に北海道から上京してきました。そんな彼女が、favyで挑む次のステージとは。

Hot Topics on 調理師・料理人

1

「人が集まる空間を作りたい。」その夢を叶えるために、私はUDS株式会社を選びました

UDS株式会社
2

『coffee mafia』の店長が語る、favyの飲食事業部に入って感じた会社の魅力とは

株式会社favy
3

星付きシェフがfavyで挑戦する新しい業態。「あなたのためのコース」をつくります。<インタビューvol.2>

株式会社favy
4

「普通じゃない」副料理長が語る、若手が伸びるアパホテルの育成スタイルの本質

アパグループ株式会社
5

「世界をワクワクさせる!」世界一夢が実現する会社を目指す、サブライムの採用担当が抱く熱いパッションとは

株式会社subLime